淫習の村~籠目の儀式~の本編を読んでみた結果

淫習の村~籠目の儀式~

画像にタッチで本編配信情報へ

淫習の村~籠目の儀式~【まんが王国】

淫習の村~籠目の儀式~の本編を読んでみました。

まず、ちょっと不気味な面を付けた男と、半分脱がされて怯えている女の子という表紙が登場。

クオリティは、普通のえっちな漫画の標準といった所でしょうか。

タイトルにある淫習の村~籠目の儀式~という通り、怪しげな風習が残っている村が舞台です。

籠目の儀式への突入

怖すぎる男達に捕まったヒロイン

村の様子や気味が悪い祠とか、背景にもしっかりと手が回っていました。

そこで早速、捕まったと思しき女子大生くらいの娘が、鬼の面を付けた男達に取り囲まれています。

ストレートな凌辱系が好きな者にとっては、テンションが上がる瞬間ですね。

彼女は既に下着と白装束だけという状態です。

仏像で処女喪失

まさかの仏像挿入

清めの禊ぎがどうとか言いながら、男達が迫ってきて、謎と恐怖のダブル攻撃を受けている女の子は処女みたいですね。

そこで現れたのが、無表情な仏像。

これから何をされるのかと怖がる可愛い女の子の姿は、ある意味萌えちゃいます。

ここが、淫習の村~籠目の儀式~の最大の魅力とも言えそうです。

清めの儀式

仏像に犯された後は・・・?

普通に般若男達に犯されるのではなく、まさか仏像でブチ抜いちゃうとは思いませんでしたよ。

ひたすら恐怖心を心の中で繰り返す娘を、じわじわ責める様子はマジヤバいです。

散々怖い目に遭いながら、初めてを硬い無機物に奪われるとか、はっきり言って絶望の局地ですね。

淫習の村~籠目の儀式~という作品で、新しい凌辱の世界を垣間見た気がしました。

肝心なのは、ハメられちゃった後のヒロインですね。

村の男達全員とヤル展開

男達とヤリ切らないと帰れない?!

この辺りは、挿入前からの話の繋がりが超素晴らしかったです。

訳がわからない男達と、もっと謎な仏像を前にして震えながら処女を失い、その後、調教されていきます。

むしろ、ここからが物語の本当の始まりだと思いました。

この漫画は、この記事を書いている時点で8話まで配信されていて、思わず一気に読みました。

感想というか正直な所、意外とストーリー性も良く、続話が気になって早く読みたい衝動に駆られています。

淫習の村~籠目の儀式~

すぐに序盤が読めます

淫習の村~籠目の儀式~【まんが王国】

淫習の村~籠目の儀式~のストーリー

淫習の村~籠目の儀式~は、まず最初に異様な雰囲気の村に捕まった女の子が犯される所から始まります。

ストーリー的には、どうしてこうなったのかが気になりますよね。

そんな訳で、時間を逆方向にすっ飛ばしてみます。

メインヒロインとなる高瀬陽菜は、友人の川村里香の傷心旅行に付き合っていました。

お手玉落とすと凌辱

お手玉でミスったら凌辱開始

そこで山奥にある秘湯の温泉宿へ行くために、ただひたすら森を歩いていたのです。

その途中で足を滑らせた陽菜が、気付いた時には淫習の村で籠目の儀式に巻き込まれていた・・・みたいな感じですね。

笛の音とかごめかごめの歌という、キモさ爆発な状況で、儀式という名の凌辱プレイが行われます。

仏像と般若の男に犯された陽菜は、次々と別の男にヤラれちゃうのです。

けん玉で調教

別のタマがアソコへ襲いかかる

でも、さっきまで初めてだから・・・と怯えまくっていた彼女は、割とすぐにぞくぞくとしちゃってます。

そして、子種を思いきりナカへ注ぎ込まれていくのです。

ヤラれまくった陽菜が意識を失い、目を覚ました時には、何故か傍に里香がいました。

そこで、とんでもない事が発覚します。

こけしの儀式

こけしでナニする?

この淫習の村には、昔からしきたりで男しか住んでいなくて、外から来た女を犯す事で成人扱いされるとの事です。

その儀式をクリアしないと、村の外へ出る事ができないみたいですね。

村へ迷い込んだ女は、儀式に身を費やすか、村人に監視されつつ他の女をおびき寄せるか選択できます。

陽菜の友人里香は、一度、この場所へ迷い込んでいたのです。

仲が良い友達を騙した彼女でしたが、結局、2人とも儀式に強制参加する展開に・・・

意外とバリエーション豊富な儀式

その詳細はココから

淫習の村~籠目の儀式~【まんが王国】

淫習の村~籠目の儀式~を立ち読み